2005年07月31日

感動の”ブルーベリー寒天”

7b2da854.jpg

 今、流行の”寒天”を使ってブルーベリー・デザートを作りました。
 寒天のひとつひとつのキューブに、先日摘み取ってきたブルーベリーの生果を入れました。
 
最高のデザートができあがりました。

 冷蔵庫からブルーベリー寒天を取り出したとき、あまりの美しさに感動です。ブルーベリー色の半透明な寒天キューブに、小さな実が閉じこめられています。可愛くもあり、切なくもあり、こころ動かされました。

 口に入れると、酸っぱさと甘さ、つるっとした食感、そして、噛みしめるとブルーベリーの果汁が、口の中いっぱいに広がります。

 和風の器と洋風の器に飾り付けをしました。
 おしゃべり会など来客のときには和風の器で、ムードのある食後は洋風の器で、演出をされてはいかがですか。

<作り方>

■材料
-粉寒天:3グラム
-水:300cc
-「ブルーベリーdeす」:100cc
-生ブルーベリー:適量

■作り方
1.粉寒天と水を鍋に入れ、煮溶かす
2.粉寒天が溶けたら、鍋を火から下ろして、「ブルーベリーdeす」を入れる
3.製氷皿に2を流し込む
4.少し固まってきたところで、生ブルーベリーを入れる
5.4を冷蔵庫にいれて冷やす(約2時間)
6.お好みの器に盛りつる

※「ブルーベリーdeす」は、当サイトでご注文をお受けします。
『生き活きプロジェクトB2』へお申し込みください。
詳細は右欄のカテゴリーからご覧いただけます。
なお、ご注文はこちら(info@access-biz-consulting.com)へ。


Reported by ABC/K-PROJECT-kw

  

Posted by bfblog at 22:04Comments(1)TrackBack(1)

2005年07月26日

摘み取りが始まりました

a792b88c.jpg
 草津渡辺牧場のブルーベリー農園で摘み取りを体験してきました。

 この農園には、樹齢20年超のブルーベリーが100本以上植えられています。ブルーベリーがたわわに実った光景は壮観でした。


 樹々の間をくぐりながら、ブルーベリーの実をひと粒ふた粒つまんでは、口に入れたり、カゴに入れたり、時間の経つのも忘れてしまいます。葉っぱの間に、かみ切り虫やてんとう虫をみつけ、童心に返ったような気分でした。

 渡辺牧場の前の畑には、花いんげんが一面にトンネルのように植えられており、まるで、おとぎの国への入り口のようでした。一見の価値ありです。

 ブルーベリーを300gもちかえりました。生果を使ったデザートにトライします。美味しくできればレシピを紹介しますので、ご期待ください。


 Reported by ABC/K-PROJECT-kw

 草津渡辺牧場、ブルーベリー農園
 http://kirara.ne.jp/watanabe/
  
Posted by bfblog at 19:37Comments(58)TrackBack(0)

オフィスのブルーベリー:ひと粒だけ色づきました

0e48aa9a.jpg
 オフィスのブルーベリーに大きな変化がありました。
 ひと粒だけ色づきました。自然からの貴重な贈り物です。


 ひょっとすると、このひと粒を鳥たちが狙っているかもしれません。でも、鳥も人間も同じ地球上の生き物ですから、共存共栄です。

 たくさんの実が色づいたところで、人間がいただくことにします。

 さて、お味はいかがでしょうか…?


Reported by ABC/K-PROJECT-hy


  
Posted by bfblog at 15:11Comments(9)TrackBack(0)

2005年07月18日

生活習慣病の予防にブルーベリーを!

f355456d.jpg
 2005年7月8日、群馬県草津町で開かれた「健康日本21推進草津セミナー」に参加してきました。
 
 厚生労働省が取り組んでいる「健康日本21」とは、21世紀の少子高齢社会で活力ある日本を実現するため、「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」を推進し、国民一人一人の健康の向上を図ることを目的としています。

 草津の音楽の森コンサート・ホールで開かれたセミナーでは、「これからの健康づくり」と題して、医事評論家の水野肇氏が基調講演をおこなわれました。また、草津町長の中澤敬氏や健康に関する専門家が参加され、生活習慣病などについて活発な議論が繰り広げられました。

 ガンをはじめとした生活習慣病の発生を阻止するには、体内の活性化酸素を抑制することが必要です。ブルーベリーには、この有害な活性化酸素を除去する「抗酸化作用」があります
 アメリカ国務省人間栄養センターで、アメリカ産の43種類の果実・野菜の抗酸化作用を比較したところ、ブルーベリーが最高値を示し、第2位がブラックベリー、第3位がニンニクでした(「ブルーベリー健康法」鹿児島大学名誉教授、伊藤三郎著より引用)。

 みなさんも、ブルーベリーを生活習慣病の予防に役立ててください。

 健康日本21
 http://www.kenkounippon21.gr.jp/index.html


Reported by ABC/K-PROJECT-hy  
Posted by bfblog at 19:06Comments(12)TrackBack(0)

2005年07月17日

ロースト・ビーフ、ブルーベリー・ソース添え

07158ed5.jpg
 「ロースト・ビーフ、ブルーベリー・ソース添え」
を作ってみました。

 と言っても、買ってきたロースト・ビーフにブルーベリー・ソースをかけただけですが…。
 見た目もきれいで、美味しくいただきました。

 ブルーベリーのちょっとした酸味と甘み、それにツンとくる西洋わさびが口の中に広がり、ロースト・ビーフの肉汁と合わさって、得も言われぬ美味しさを醸し出していました。

 ロースト・ビーフにばっちりですから、ひょっとすると、チャーシューなんかにもマッチするかも…。
 トライした方は、是非、教えてください。

 簡単に作れますから、みなさんもお試しあれ。

<材料>
−ロースト・ビーフ:適量
−ブルーベリー・ソース:適量
−西洋わさび:少々

<作り方>
−ブルーベリー・ソースをかけるだけ


Reported by ABC/K-PROJECT-kw


  
Posted by bfblog at 18:11Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月16日

Food of Detox−デトックス料理

65e772c2.jpg 今、注目のデトックス(Detox)料理を賞味してきました。デトックスとは「体内に溜まった毒素を排出する」こと。つまり、解毒作用のある料理ということです。

人は環境汚染や食品添加物から、知らず知らずのうちに、砒素や水銀などを摂取し、身体の中に貯めています。それらは、じわじわと身体を蝕み、健康を害していきます。そこで、解毒作用のある食材を摂取し、体内の毒素を排出しようというのが「デトックス」の考え方です。

 今回は、レストラン「GAYA」で開催されたマンスリー・イベントに参加し、デトックスについて勉強してきました。イベントでは花田美奈子先生のご講演を聴き、その後、デトックスの料理をいただきました。
 写真は「玉ねぎ、人参、ズッキーニのオーブン焼き−コリアンダーソース添え」です。この料理は、野菜本来の力強さを味わえ、コリアンダーソースが野菜のうまみを引き立てていました。
 玉葱は水銀を無毒化してくれますし、人参は抗酸化作用があり、コリアンダーは水銀の解毒作用があります。特にコリアンダーはデトックス・パワーが抜群だそうです。

 最後のデザートは、「ワイン寒天とフルーツのパフェ」で、写真のように、ブルーベリーがトッピングされていました。
 食事の後、ナチュラル・フード・コーディネイターの滝田美智子先生(今回のレシピ提供)から「デトックスで悪いものを排出し、抗酸化作用のあるブルーベリーのような身体に良いものを取り入れることが重要ですね」とのお話をいただきました。

 是非、みなさんもデトックスにトライしてみてください。


レストラン「GAYA」
http://www.gaya.co.jp
花田美奈子先生:ナチュラルフーズ・プロデューサー
http://www.hanada-rosso.net


Reported by ABC/K-PROJECT-kw

  
Posted by bfblog at 16:05Comments(0)TrackBack(2)

2005年07月10日

たわわに実ってきました

c3284cb9.JPG 草津渡辺牧場のブルーベリー農園を視察してきました。

 草津町は標高が高く他の農園と比べて約1ヶ月遅れですが、ブルーベリーがたわわに実り、色づいてきました。もうすぐ、摘み取りが始まります。

 草津の温泉につかって、生のブルーベリーを食べる。最高の贅沢です。
 是非、みなさんも訪れてみてはいかが。

 草津渡辺牧場ブルーベリー農園
 http://kirara.ne.jp/watanabe/

 Reported by ABC/K-PROJECT-hy

  
Posted by bfblog at 20:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月04日

ごちそうさまでした。

cd122a4a.jpg 3時のおやつに「ブルーベリーの生果」をオフィス・スタッフと一緒にいただきました。


 元つくば市民のメンバーから、生果を送っていただきました。つくば市の肉屋が販売しているブルーベリーのようです。肉屋の店先にブルーベリーの旗がはためいている光景が目に浮かび、なにやらノスタルジックな思いに…。過ぎ去りし子どもの頃を思い出しました。

 これから、日本での生産量が上がれば、いろんなお店でブルーベリーが売られるようになるでしょう。

ごちそうさまでした。

Reported by ABC/K-PROJECT-hy
  
Posted by bfblog at 15:26Comments(8)TrackBack(0)

宇宙人とブルーベリーの関係

f82531ac.jpg「目の疲れ」訴え多く…(日経新聞、2005年7月3日)


 日経の記事によると、現在の健康状態について尋ねたところ、目の疲れを訴える人が最も多く50.7%、次いで肩こりが37.5%、腰痛30.2%と続く。
 ストレスやパソコンなどの電子機器の使用が影響している可能性があるとのこと。

 宇宙人の姿と言えば、両目が異様に大きく、顎がほっそりしていて、指が長い。パソコンのディスプレイを長時間見る生活が続くと、目が進化して大きくなる。固い物を食べなくなるから、顎が退化してほっそりする。キーボードを打ち続けると指が進化して長くなる。
 あなたも、そろそろ目が大きくなり、顎が細くなり、指が長くなりつつあるかも…。

 大きな目を健康に保つために、やはり宇宙人もブルーベリーを食べているのでしょうか…?

Reported by ABC/K-PROJECT-hy

  
Posted by bfblog at 14:18Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月02日

ブルーベリー・フェアーに行ってきました

c5154c6a.jpg第11回産地シンポジウム「2005ブルーベリーin東京」が、2005年7月1日〜2日府中で開催されました。

シンポジウムの2日目、真夏のような日射しの中で府中フォーリス広場で開かれた「ブルベリー・フェアー」に行ってきました。会場では、ブルーベリーの試食や苗木販売、加工品販売、資料掲示などがおこなわれており、結構、道行く人が足を止めていました。

一般消費者の間でブルーベリーの認知度も上がりつつあり、国産ブルーベリーが日本の食卓に定着する日も近いでしょう。

せっかくの機会ですから、苗木を3本購入しました。オフィスのブルーベリー仲間に加えようと思います。生育状況は「オフィスのブルーベリー」でお知らせします。


Repoted by ABC/K-PROJECT-hy



  
Posted by bfblog at 15:43Comments(0)TrackBack(0)